FC2ブログ
 
■告知板
■プロフィール

shio

私の名はshio
社会人、
ペット:チワワ、スコティッシュ
趣味:事典集め
×お酒 ×タバコ ○甘い物
料理は下手の横好きです。

■ランキング参加中

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ


クリックしてくださって、
本当にありがとうございます。
心の支えになっております。

■リンク
■最近の記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■QRコード

QRコード

■(U・x・U)友達~♪
■(U・x・U)めーる

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スーパーマーケット 3 (3話とも推敲致しました 2/13付)
数週間前のニュースだ。
スーパーマーケットの駐車場で、
ホームレスの老女がバックしてきた車に
跳ねられ死亡している。
(あ、……このスーパーだったか?)
恐る恐る老女の姿を確認する。
良かった、今度はいない。

まだまだ気分は落ち着かないが、
車を走らせているうちに、恐怖も徐々に薄らいできた。
交差点で信号待ちになり、
ちょうど隣りまできたガソリンスタンドの料金表を見る。
(また上がってる…失敗したな、昨日のうちに入れとくんだった)
メーターを調べると、もう残り少ない。
(近所の買い物ぐらいだったら、今週中はギリギリいけるか?)
ミラーの角度を治そうと手を伸ばしかけ、だが
躊躇したまま手を引いた。
もしかミラーに映っていたら…
そう思うと怖かった。
帰路につくまで、私はバックミラーを見なかった。
荷物を取り出す時も、敢えて視線を下にして
後部座席は見ないようにする。
家へ慌てて入ってからは、照明をすべて点け、
テレビも音量を大きめにして、
なるべく老女のことは考えないように、直ぐさま料理に取りかかった。
野菜を洗い、包丁を手にした。
包丁も光っている。平の所に映りそうな気がして、
包丁もなるべく見ないようにした。

出来上がったカレーを前に、
独りでは食欲が湧かないことに気づく。
車で数分の所に住んでいる飲み仲間を電話で呼ぶことにする。
奴も給料前ということもあって、二つ返事で来ることになった。
手みやげの缶ビールと自家製野菜カレーで、
テレビを観ながら談笑していた。
「そういえばさ、庶務課の安藤さん、部長の愛人やってるって?」
「ホントかよォー…ちくしょー狙ってたんだよ俺…」
「何、お前も?」
「え…」
二人で顔を見合わせ、もう半ばやけくそみたいに高笑いをした。
「あー…でもあの人前から色々噂は絶えなかったよな」
「ああ、うん……火ィーある?」
笑いながら、奴はタバコを1本取り出し、俺に向かって手をしゃくった。
「ああ、あるよ」
俺は胸ポケットに入れていた、Zippoのライターを手渡す。
そしてビールを飲みながら奴が火を点けるのを見ていた。
Zippoライターの点火の仕方…いわゆる仕草に、俺はこだわりがあった。
奴は一丁前に手首を振り、ライターの蓋を開けて見せた。
銀に光るZippoライターはカチッと音を立て、だが火を点けるのに奴は2度失敗した。

俺は今日1日のむしゃくしゃを振り払うよう、
1度で点け…と点火に願を掛けた。
手首を振る。
蓋は小気味よい音を立てて開き、手首を戻す前にすかさずフリントホイールを回転させた。
点火!


最後に俺の心が見たものは、点火した火だったか、
それとも蓋に映っていた老女の顔だったろうか。
ぬるりと意識が身体を離れていくのが判った。
そして奴の声も……。
「おい、平井っ……平井ッ……」
大きくなるはずのない老女の顔が近づいた。
銀の蓋から離れたはずはないのに…。
そこで俺の精神は、人生ごと老女に呑み込まれてゆくのだった。
今俺の全身は悪寒という膜の繭になってしまったような状態だ。
それが端からは判らないらしかった。
俺は助けを求め続ける、老女の腕に抱かれながら。

平井武志27才…重度の意識障害より入院。




にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ




スポンサーサイト
スーパーマーケット | 23:24:01 | Trackback(0) | Comments(2)
スーパーマーケット 2
野菜とルーをカゴに入れ、肉売り場へと戻った。
さて何カレーにしようか、ここからが悩むところだ。
チキン、ポーク、ビーフ…
本来の好みはシーフードだが、
シーフードは日持ちしないから、
この3つのうちから選ぶ他ない。
そして日持ちを考えれば、
次に除外されるのがチキン。
となればポークかビーフ…。
(いや待てよ、挽肉という手もあるな…)
挽肉のパックを手にしたちょうどその時、
金縛りがきた…。
全身が、皮膚一枚も動かせない。
そして目の前の、商品棚の銀のプレートに
私の顔と、その真横に先程の老女の顔が映っていた。
身動きのできぬまま、自分の腕の辺りを見ると
その老女の手が絡んできていた。
「うわッ!」
俺はやっとの思いで声を振り絞るように出す。
そこで金縛りは解けた。
驚きのあまりパックを手からふり落とし、尚も叫んでしまっていた。
周りに居る主婦たちが、私をアブナイ者として見ている。
だが今はそれどころではない。
全身をもの凄い冷気が襲い、震えが止まらない。
言った所で信じて貰えそうにもない、
誰にも言えないこの恐怖が、俺だけに纏い付いているのだ。
俺はプレートのない菓子売り場の方へと向かった。
ここに長居するのも気が引けたが、
出口に近づくのが何より怖い。
すると程なくして
「どうなさいました?」と警備員に呼び止められた。
(は?)
どうもしないのだが、見れば警備員の後方数㍍先に
先程カートをぶつけそうになった親子が指を指している。
(はあ?)
「いや、どうもしませんよ」
「これ以上騒いだり、他のお客さんのご迷惑になるようでしたら
警察へも通報致しますので」
「いや、私は何もしていません」
一応否定はしたが、これ以上言い合いを続けてしまっては
かえって通報されそうな雲行きだったので、
俺は買い物途中ではあったがレジで精算した。
(何なんだ、あの親子は…)
肉売り場でも見ていたのか?
腹立たしさから、老女のことは忘れてしまっていた。
カートを元の場所へ戻し、
出入り口に差し掛かった所でようやく思い出す。




にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ




スーパーマーケット | 23:22:30 | Trackback(0) | Comments(0)
スーパーマーケット 1
景気回復と言われていても
回復したなどと思えないのは私だけだろうか。
殊老人には厳しい世の中だ。
スーパーへ行けば1個100円のパンを、
買うか買うまいか人の目を気にしつつ右往左往し、
かなり長いこと居たにもかかわらず
結局何も買わずに出て行く年寄りの多いこと…。
彼らはあのパン1個で、いったい何日食いつなぐつもりなのだろう。

町中ではホームレスが増え続けている。
昼間の駅や公園といった目立った所では
警備員や警察官らに追いやられ
見掛けることは少ないが、
その分、大型古本店などで、
立ち読みをしながら暖をとっているホームレスをよく見掛ける。
お金を余らせている者。
お金どころか住居がなく仕事にすら就けない者。
恐らく互いに助け合えれば、
また違った何かが生まれてくるはずなのに、
そうは行かないのが人の世か。
先程もスーパーの出入り口付近で、
スーパーの買い物袋を沢山ひっさげた老女がいた。
明らかにホームレスである。
不衛生そうな身なりと、精神に異常を来していそうな顔付きに、
申し訳ないが、気持ち悪いとさえ思ってしまった。
(良くないな…。)

ここは極一般的なスーパーなのだが、
今日は一段と冷え込むせいか、
野菜売り場では鍋用の野菜が異常なほどの高値で売られ、
魚売り場では鱈が3切れで600円近くも値が上がっていた。
給料前ということもあり、財布の中身は冷え気味だ。
最低あと1回は飲み会にも行かざるを得ないから…と、
逆算して今日の予算を割り出す。
(となると…適当なモノでカレーを多めに作って
冷凍にでもしておくか…)
肉売り場に引き返そうとした時、
カートが、押してる方向とはまったく別の方向に
走っていってしまった。
あやうく幼児にぶつけそうになり、
悪意があってのことではないのに
その母親らしきに睨まれつつ、平に謝る。

タイヤの部分に埃と毛髪が絡み付いている。
これが原因だろう。
少し左右に振り、足でタイヤを踏みつけるようにして、
ゴミを出してやった。
俺は店員ではないのに…。




にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ





スーパーマーケット | 23:20:42 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。