■告知板
■プロフィール

shio

私の名はshio
社会人、
ペット:チワワ、スコティッシュ
趣味:事典集め
×お酒 ×タバコ ○甘い物
料理は下手の横好きです。

■ランキング参加中

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ


クリックしてくださって、
本当にありがとうございます。
心の支えになっております。

■リンク
■最近の記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■QRコード

QRコード

■(U・x・U)友達~♪
■(U・x・U)めーる

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
私の実家には不思議なことが度々起こります。
今日はその中のひとつ、
トイレから聞こえる気味の悪い音についてお話ししようと思います。

時折なんですが、トイレからおかしな音がする。
ある時はコンコンコン…
調度ドアをノックしたような音。
またコツッと1回だけ鳴る時もあれば、要は決まりがなく千差万別。
その時は、
調度家族の者が使用しておりました。
私は廊下を挟んだリビングで、読書をしていたと記憶しています。

いきなりバリバリバリ…ガリガリガリ…
まるで壁板を剥いでいるような音と、爪を立てているような音が
トイレから聞こえてきました。
そしてその直後、今度は二階の廊下から階段へと
思い切り乱暴な足音がドスドスドスと響いた。

何事かと廊下に出ますと、
トイレに入っていた者も同じように怯えた顔をして飛び出してきた。
泥棒かとも思い、家中をチェックしたりもしましたが、
結局この日は、誰にも音の正体はわからなかった。

その前の日には
家の至る所で、甘い匂いが出現していました。
何処となく匂うのではなくて、
「ここ!」と言えるように、匂いは1箇所に固まっている感じです。

もともとおかしな事が起こる家でしたが、
この時ばかりは音が音だけに嫌な感じがしました。

その真相が明らかになったのは、
2日後に掛かってきた1本の電話に拠って。
電話の相手は不動産屋で、
私の両親が営んでいるアパートの住人が
病院で急死したとの事。

その方が倒れられた時、
私たち家族は全員出払っており、
連絡が取れなかったらしい。

亡くなった方は、元芸人の独り住まいの男性。
ご病気で足が不自由になり、
松葉杖をついておられた。
母はよく食事を余計に作っては、
持っていってあげたりしていたのですが、
友人らしい友人もおらず
寂しい余生を送られていたようです。

バリバリと音がした時が、その方の死亡時刻です。

あの音は何だったのでしょう。そしてあの香りは…?
その後も時折音がすることはありますが、
やはり決まって、知人や親戚の者が亡くなる時なのです。




にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ






スポンサーサイト


不思議な出来事/実話(short-short) | 08:50:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。