FC2ブログ
 
■告知板
■プロフィール

shio

私の名はshio
社会人、
ペット:チワワ、スコティッシュ
趣味:事典集め
×お酒 ×タバコ ○甘い物
料理は下手の横好きです。

■ランキング参加中

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ


クリックしてくださって、
本当にありがとうございます。
心の支えになっております。

■リンク
■最近の記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■QRコード

QRコード

■(U・x・U)友達~♪
■(U・x・U)めーる

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お山のむこう 第七話
おぼろげに聞こえる、節を付けて繰り返す言葉。
その幾度目かに、正太の耳の中に誰かの吐息が入ってきた。
耳のすぐ近くで囁くから、今度こそはっきりと聞き取れる。
「白糸滝のおミツさん、朝を待たずにお亡くなりぃ~…白糸滝のおミツさん、朝を……」
その言葉を耳にするなり、正太の頭には血が上って、
声を限りに叫ぶ。
「すいませーん…誰かーっ…誰かいませんかぁーっ…」
声には自然怒気がこもる。
自分がまだ子供であることも忘れ、
姿の見えない相手を、とっつかまえてぶん殴ってやろうという気になる。
草鞋を脱ぐのも忘れて式台の上に片足を載せると、
背中のちぃが身動いだ。
「んー…」
ちいは、いつのまにか本当に眠っていたのだ。
今度は振り落とさないよう気をつけても、
やはり正太が動くと、ちぃはむずがる。
正太は仕方なくちぃを背中からそっと降ろすと、
式台に寝かせてやった。
するとまた
「白糸滝のおミツさん、朝を待たずにお亡くなり~…」
不気味に笑い、自分をからかう姿無き声に、正太は向きになってゆく。
「誰だっ、出てこい! 人をからかって何が楽しいんだっ」
「おいでよ、おいで……正太よ、おいで…」
相手が何故自分の事を知っているのかなどと、考える余裕もない。
声のする方へ正太は走り出す。
廊下の角を曲がり、そしてまた真っ直ぐゆく。
すると行き止まり、目前で松の大木の絵が描かれた襖が、
すうっと開いてゆく。

なかは闇。
屋内とは思えぬ冷気に、正太はぶるっと身震いをする。
それでも怯まず声を追いかけるが、
その勇気が命取りになる。
「正太、おいで」
不思議と怖くはない。温かな威厳のある声だ。
正太が一歩前へ出ると、一陣の風が俄に起こり、正太の身体は宙に浮く。
風にのり、舞って、舞い上がって、昇ってゆく。




にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ






スポンサーサイト


お山のむこう(全8話) | 22:40:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。