FC2ブログ
 
■告知板
■プロフィール

shio

私の名はshio
社会人、
ペット:チワワ、スコティッシュ
趣味:事典集め
×お酒 ×タバコ ○甘い物
料理は下手の横好きです。

■ランキング参加中

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ


クリックしてくださって、
本当にありがとうございます。
心の支えになっております。

■リンク
■最近の記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■QRコード

QRコード

■(U・x・U)友達~♪
■(U・x・U)めーる

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お山のむこう 最終話
……ゃん、ちぃちゃん……ちぃちゃん…」
誰かにおこされて、ちぃは漸く目を覚ます。
何処にいるのだか、どうしてここにいるのだかも寝ぼけて容易には思い出せない。
そうだ、「兄ちゃんは?」
「奥にいるよ。ご馳走があるから、ちぃちゃんもおいで」
ちぃを起こしてくれたのは、黒い絽の着物を着た若い男だった。
ちぃは男の顔を凝視する。
母さんよりも、村のどの女よりも男の顔は美しい。
男は大きな沓脱石(くつぬぎいし)を指さして、にこりともせずに言う。
「さあ、おいで。でもその前に、まずはそこで草鞋をお脱ぎなさい」

松の木の襖、その奥へと通されると、
上座には、大きな体躯をした風格のある壮年の男が座っていた。
ちぃはまた顔をじっと見てしまっている。
目の前の男は美しいというのわけではないが、やはり人を惹きつける雰囲気がある。
何処の村にもいない、初めて見た変な顔。だが、不思議とちぃは怖くないし嫌いじゃない。
「ちぃちゃんは、本当にいい子だねぇ。さあ、たんとお上がり」
深く温かな壮年の男の声に、ちぃはすっかり緊張を解いた。
目にするのも口にするのも初めての物ばかり。
「美味しいかい?」
「うん」
ちぃは母さんにも食べさせてやりたいと思う。こんなご馳走だもの病気だって治るに違いない。
「本当に、いい子だねぇ…」
大きな男は目を細めると、改めて言った。
すると若い男の方が、ちぃの顔を覗き込む。
「ちぃちゃん、お腹いっぱいになったら、ひとつ手伝いを頼めるかな?」
「うん、いいよ」
ちぃは満面の笑みで答えた。


正太は風に舞い、舞い上がってゆくうちに、夜の闇へと紛れていた。
寒く、強風の吹き荒れる上空では、地上の灯りが愛しく見える。
このままでは空しくなってしまう。なんとか下に戻れないものか……。

一方ちぃは薪運びを手伝っていた。
先程は眠った振りをして見ていなかった篝火に、やはり沢山の蛾が集まってきている。
「怖い…」
燃えてゆく蛾を、落ちてもがきまわる蛾を見て、ちぃの足はすっか竦み上がっていた。
後ろから両手に薪を抱えて来た若い男は、ちぃのすぐ側まで来てから薪を降ろして言う。
「ちぃちゃんは、蛾がどうして蛾になるのか知っているかい?」
「寂しく死んだ人がなるの…」
「うん、合っていると言いたい所だが、少し違っている。
寂しく死ぬのではなくて、心の寂しい人の魂が蛾に入ってゆくのだよ。
神様や仏様を大事に思えない人のことだよ…」

ちぃが地蔵様に手を合わせていた間、正太は祈るどころか軽んじて一瞥しただけであった。

絽の着物をしゅっと音立て、男が空の闇へと手を差し伸べる。
「ほら、御覧!」
声は闇を切り裂いた。
篝火の夕日のように赤い炎が、白皙の男の笑顔を照らし出す。
何をそんなに嬉しいのだろう…火の粉が夢のように、闇を踊る。
そうして差し伸べている手の先に、
闇の彼方から一匹の蛾が、火の粉に鱗粉を混ぜてゆくように、舞い降りてくる。
「あ、兄ちゃんっ…」
「……ふむ、ちぃちゃんには分かるのだね……ならばこれから先はお館様の御子におなり」
ちぃが運んだ薪が焼(く)べられる。
すると火の粉が空一面に広がり、若い男もちぃも蛾も、すべてが橙色に染まっていった。
蛾は巻き起こる風に翻弄され、一度舞い上がってゆくかに見えたが、
直ぐに、死出の舞を舞うのだった。


翌週、行方不明になってい兄妹の、兄の遺体が見つかった。
お山の頂上の、中でも一番高い松の老木の天辺に、引っかかっていたそうである。
その後村では、松の木の天辺に烏が立つのを見ると、
誰かの死出の旅を知らせているのだと言うようになった。
妹の亡骸は、八方探したが、ついに最後まで見つからなかった。<終>




にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ









スポンサーサイト


お山のむこう(全8話) | 21:26:21 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
(U・x・U)そよ風さん、ドモです。
読んでくださって、どうも有り難う。コメントも残して下さって有難う。
とても励みになります。次回作、頑張らねば!^^
2008-01-22 火 18:27:01 | URL | shio [編集]
感激でぇすw
2008-01-22 火 17:37:30 | URL | そよ風 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。