■告知板
■プロフィール

shio

私の名はshio
社会人、
ペット:チワワ、スコティッシュ
趣味:事典集め
×お酒 ×タバコ ○甘い物
料理は下手の横好きです。

■ランキング参加中

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ


クリックしてくださって、
本当にありがとうございます。
心の支えになっております。

■リンク
■最近の記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■QRコード

QRコード

■(U・x・U)友達~♪
■(U・x・U)めーる

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
福袋
大晦日、夫は仕事で出掛けている。
高木家のリビングで依子は、独り暇つぶしにテレビを点けていた。

「都内××デパートの今年の福袋目玉商品は、なんと、
サン様と豪華ディナークルーズデート券ですよ。
いよいよ明日ですねー」
「おばさま方が殺到しそうですね」
「そうなんですよ。
常識で言ったら50万、100万って物凄い高値が付きそうなんですが、
今回はなんと、サン様のたっての希望ということで、
5万円の福袋でくじ引き、という事らしいですよ」
「そう、その5万円の福袋、
ハズレでも商品は10万円相当の商品が入っているそうで、
しかも販売数が他の福袋の倍用意されていて、
売り上げの5%は寄附に当てられるっていうんですから、あなた」
「さすがサン様ですねー」


「ふん、何がさすがサン様よ…売れなくなってきたってことでしょーが」
依子は鼻息をひとつ吐いて、蜜柑の皮を剥き出した。
『たのむから××デパートの福袋だけは買うなよ?!
いいか? 5万円の奴だからな。あれだけは何があっても絶対買うなよ』
夫は出際に依子に念を押した。
「ハイそうですかって、直ぐに引き下がるような依子さんじゃありませんよっと」
仕事が開けてからは飲み会だと言っていた夫の言葉を思い出した。
つまり夫の帰りは、どう見繕ったところで明日の昼過ぎになるだろうことを、
時計を見ながら確信した。
「えっらそーに…こうなったら、買いに行ってテレビに映ってやる!」
ここの所夫の浮気が原因で夫婦喧嘩をしていた依子は、
浮気をした分際で頭ごなしに人に命令するなど、言語道断!とばかりに、
友人の千佳に早速電話し、明日朝イチで向かうことにした。

デパートの前では割合早くに整理券が配られた。

整理券にくじ引き券とは、
落ち目のタレントの癖になんとも仰々しいものだと、依子は内心舌を出した。
「ねぇ、でもホントに来て良かったの?」
「いいのよ~、どうせバレないんだから」
「でもねぇ…」
「さ、行くわよ」
数十人単位で分けられ、順次入店してゆく。
いよいよ依子たちの番になった。

入店をいくら整理しても、まだ買い漁っている客が残っているから、
結局中は、たいへんな混雑である。
しかもテレビの取材も入っていた。
「ねー…どの辺狙う?」
「テキトーよ、テキトーとにかく掴め!」

千佳は3袋、依子は2袋ゲットした。
あとはくじ引き券を確認するだけだ。


「……当たった……」
依子が小声で呟いた。
「嘘っ…」
千佳は呆然としている依子の代わりに手元のチケットを確認した。
やはり当たっている。1等、サン様と豪華ディナークルーズデートが。
2人の顔色は急速に青褪めていった。

「この人当たったんだってよー」
「え。どこっ、どの人…」
ふたりの微かなつぶやきに、まわりの主婦たちが直ぐに反応した。
最早逃げ場はない。
「依子……」
同情一杯の千佳の声も届かぬまま
依子は、見知らぬ主婦やデパートの店員らに誘導されて
あれよあれよという間に、特設ステージへと押し上げられる。
「おめでとうございます、1等サン様と豪華ディナークルーズデートです」
キャーとかイヤーとか、主婦等の黄色い声が飛び交う中、
異常に明るいテレビ取材用のライトを浴びた依子は、
ひとり困惑していた。

『いいか? 5万円の奴だからな。あれだけは何があっても絶対買うなよ』
夫の言葉を思い出していた。
(買った……当たっちゃったよ……どうしよう賢ちゃん……)

マイクを持った進行役の男が依子に向かって、話し出す。
「それではお客様、
個人情報ですのでお名前の発表はご本人さまのご意志にお任せいたしますが、
まずは身分証明となるようなもの、お持ちですか?」
依子は言われるまま免許証を差し出した。
「失礼して拝見させて頂きますね。
えーっと…高木さん…高木さん、偶然ですねー、サン様と同性じゃないですか。
あ、今私言っちゃいましたね…スミマセン~。
でも、おめでたい事ですし良いですよね。
スミマセン~…興奮し過ぎてミスっちゃいましたァ」
場内大爆笑、白けた依子ただ1人を残して。

(そうですよ、私は高木依子ですよ。
しかも夫は高木賢三って言いますゥ~!)
依子は心の中で叫んでいた。

サン様こと高木賢三は、
最後の独身イケメン俳優と言われているが、
実は極秘結婚しているのだった。その相手が依子である。

夫婦喧嘩中の依子は、想像してみた。
夫と赤の他人の振りをしながら
マスコミの前で、
さも嬉しそうに恥じらいながら
豪華ディナークルーズデートをする自分を……。
(もう、サイアク~…!)

今回ばかりは、夫の言うことを聞かなかった事に、
後悔しきりの依子であった。




にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ







この作品は、
FC2ブログトラックテーマ、第429回「福袋って買ったことありますか?」
へのトラックバック記事です。








スポンサーサイト


夢路(short-short) | 07:25:43 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
プレイ?
あはは、別に何にもありません。
好きだとか、綺麗だとか、尊敬するとか、臆面もなく口にする奴です。
気にしないでください。
2008-02-10 日 02:52:20 | URL | 楊 [編集]
ご訪問くださって、ありがとう
(U・x・U)楊さん、ドモです。
そんな風におっしゃられると、面映ゆいと申しましょうか…
これは何かのプレイですかぁぁぁ…と叫び出しそうですっ(爆)

ありがとうございます。

諸事情により更新が遅れております
込み入ったことがまったく出来ない状態です

楊さん、こちらを御覧のみなさま
せっかくご訪問下さったのに、申し訳ありません。

http://jp.youtube.com/watch?v=L-p2sbt_C4w

…な精神で、
なるべく早く復帰したい所存でございます。
今後とも 
どうぞよろしくお願い致します。
2008-02-07 木 07:35:49 | URL | shio [編集]
おもしろい発想ですね。
俺には到底思いつきません、shioさんはやわらかな頭の持ち主なんでしょうね。
尊敬します。
2008-02-07 木 03:58:50 | URL | 楊 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。