■告知板
■プロフィール

shio

私の名はshio
社会人、
ペット:チワワ、スコティッシュ
趣味:事典集め
×お酒 ×タバコ ○甘い物
料理は下手の横好きです。

■ランキング参加中

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ


クリックしてくださって、
本当にありがとうございます。
心の支えになっております。

■リンク
■最近の記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■QRコード

QRコード

■(U・x・U)友達~♪
■(U・x・U)めーる

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
少女の頃に聞いた、
荘子の「蝶の夢」の話。 
あれは確か、
荘子が蝶になった夢を見て目覚めた時に、
もしやこの今こそが、
蝶が荘子となる夢を見ているのでは…
と考える話だったか。

私は生理的に虫が大の苦手で、
絵で見るのすら駄目、
名前を聞くだけで鳥肌が立ち、
その嫌悪感は生活に支障を来すほどだった。

それなのに、
今私は蝶に生まれ変わってしまっている。

いざ自分が蝶になると、
この身体が
いかに綺麗であったか、
そしていかに性能の良いデザインであったかが
分かる。

風を受けて舞い上がる時の
私の優雅な様を見て欲しい。
たっぷりの鱗粉をまぶした羽は、
私たちの誇りである。
飛んで鱗粉をまき散らす時、
それこそ
自分が妖精にでもなった気がする。
毎日、
私は感嘆の声を上げながら
飛び回っている。
仲間からは失笑を買っているが…。
花に舞い降り、
閉じた大きな羽の鱗羽も、
とても繊細で、尚かつ複雑な彩色が
天から施されているのだ。
私の黒地に鮮やかな黄色い模様は、
どの花たちも酔いしれるほどの美しさ。
今私は、まさに宙を舞う芸術なのだ。

人だった頃
何故あんなにも
この身体を厭うていたのか
今となっては
不思議でならない。
永遠にこの身体へ宿っていたいと、
神がいるのなら、真剣に祈りたいのに…。


それでもやがて秋が来た。
美しかった私の羽は、
いつの間にか擦り切れて、
いよいよ天に召される時が近づいているのを
感じている。
こんなにも美しい蝶に生まれ変わったのだ
次こそは
さぞや美しい天国へ行けるのだろうと、
私は寒さに打ち震えながらも
夢をみる。


私は蝶のサナギ。
仲間の半数以上が
冬を待たずして息絶えた。
生き物は
虫でいる間だけ、前世の記憶が残っている。
だが一度動物になってしまうと
私たちですら
その記憶の一切は奪われるのだ。

ほら、
今こちらに近づいて来る
あの男だって
前世は蝶だった。
誰よりも蝶であることを
喜び、
よく飛び回る、
それはそれは美しい大きなアフリカキアゲハだった。

「おぃ…これっ…!」
「こっ…これは………。
サナギで見つかるなんて、なんてラッキーなんだ」
男たちは肩から鞄を降ろし、
私がつかまっている植物の側で
何やら荷を解き始める。
私には分かった。
この男は、あまりにも蝶の姿を愛するあまり
蝶のコレクターになってしまったのだった。
私は数分と経たないうちに、
捕獲されてしまうのだろう。

記憶を失うとは難儀なことだ。
私こそが、
この男が蝶であった時の、
母であるのに…。
よもやかつての息子の手によって、
命尽きるとは、何たる不運。

否、こうなることは
前から分かっていたことかも知れない。

息子は蝶になる前も
蝶になってからも、
そしてまた人間になってからも
形ある物しか愛さない性質であるところが
変わっていない。

形はそれこそ多種多様に変化するが、
形無いものは、永遠である。
そのことに息子自身、
あと幾つ流転すれば
気付くのであろうか。




にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ







スポンサーサイト


夢路(short-short) | 23:08:27 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
(U・x・U)楊さん、ありがとうございます。

私はどの思想団体にも、どの宗教団体にも属していない身です。

小学生の頃何かの本で偶然知った、荘子のあの話。
発想に度肝を抜かれたこと、そして頭を柔らかくされたことで、心が自由になったように感じたのを、今でもよく覚えています。
この作品は荘子へのオマージュ(とはいえ、荘子についても勉強した訳ではありませんので、幼少の頃心を軽くしてくれたことへの感謝といった位です)であると共に、
心の大切さを訴えたく描きました。

輪廻転生を信じるかと言えば、信じたいような気がする。
否しかしあったらあったで怖いな…と思うのが正直な所です。
合理的…楊さんがどのような意味でおっしゃったのか、
わかりませんでしたが(スミマセン)、
あのストーリーを組み立てる上では、確かに合理的な考えでした。

これからも、お気が向かれました時には
コメントよろしくお願いします。













2008-02-10 日 03:46:48 | URL | shio [編集]
いいなこれ!
こんなの大好きです。
俺はクリスチャンなんですが、輪廻転生は合理的な考えだと思う。
2008-02-10 日 02:57:42 | URL | 楊 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。