FC2ブログ
 
■告知板
■プロフィール

shio

私の名はshio
社会人、
ペット:チワワ、スコティッシュ
趣味:事典集め
×お酒 ×タバコ ○甘い物
料理は下手の横好きです。

■ランキング参加中

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ


クリックしてくださって、
本当にありがとうございます。
心の支えになっております。

■リンク
■最近の記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■QRコード

QRコード

■(U・x・U)友達~♪
■(U・x・U)めーる

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
文化祭 2
僕は兎の縫いぐるみの頭部を膝に、
ほおづえを付きながら
後夜祭のことを考えた。
カップルが出来るとの噂に、女子が盛り上がっている後夜祭。
(今日告ると絶対結ばれるって…一点集中したらどうなるんだよ。
みんな結ばれて何角関係になるんだよ……)
なんて自分とは無関係なことを考えてみた。

戸がいきなりガラッと音をたてて開いた。
僕は兎のように飛び上がりそうになった。
「もぉー…おどかすなよ…」
「何、ビビッたの?だっせー…」
井本は僕をからかいながら、手に持っていた缶ジュースを
ひとつ分けてくれる。
「これ、担任から」
「へぇー太っ腹じゃん」
「お、鈴木たちだ」
井本は窓から校庭を見下ろしていて、手を振っている。
僕も立ち上がって窓の外を覗くと、
グランドの真ん中辺りで、
隣のクラスの女子数名が、こちらに向かって手を振っている。
「井本くん、かわいいー」
女子が声を揃えた。
井本はクマを被ったままだ。
だけど、これが僕だけだったら、
兎を被っていたとしても。「かわいいー」とは言われなかっただろうと思う。
それ以前に兎が誰かなんて、女子には興味もないだろう。

井本は普段から女子に人気があるのだ。
同い年で、背格好だって大差なく、
それほど顔が良い訳でもないのに、よくモテル。
「あとで3-C来てねぇー!」
懐っこく、ちゃっかり宣伝をすると
井本はしゃがみ込んで、壁にもたれた。
「俺ちょっと昼寝する…なんかえらく疲れちゃってさ」
「ああ判る、疲れたよなぁ…」
「なあ、15分ぐらいしたら起こしてくんない?」
「いいよ」
井本は明るいと寝られないからと言って、
縫いぐるみを被ったまま眠ってしまった。




にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ


スポンサーサイト


文化祭 | 22:15:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。