■告知板
■プロフィール

shio

私の名はshio
社会人、
ペット:チワワ、スコティッシュ
趣味:事典集め
×お酒 ×タバコ ○甘い物
料理は下手の横好きです。

■ランキング参加中

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ


クリックしてくださって、
本当にありがとうございます。
心の支えになっております。

■リンク
■最近の記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■QRコード

QRコード

■(U・x・U)友達~♪
■(U・x・U)めーる

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
文化祭 8
ぐるぐるぐるぐる、いろんなことを考える。
イジメられていた時のこと、さっきの女子たちの笑顔、
鏡でいつも見ている自分の容姿、 モテまくっている井本、
男らしいとか女らしいとか…僕らしいとか……。
考えてゆくうちに疲れてきて、そのうちどちらも話さなくなって、
ふたりで、ただ空をぼんやりと眺めていた。

「あ、ねぇあの雲…」
言ってから、しまったと思う。 のんきに雲なんて眺めている場合じゃないのに。
「ん?」
けれど怒るかなと思われた井本は、こんな時でも僕のくだらない話に耳を傾けてくれる。
「あの……ほら、手前のぽこっぽこって2つ並んでる雲のすぐ後ろに、ちょっと細長い雲があるでしょ、
あそこだけ空の青と茶色がかったところの混じり具合が綺麗だなーって………あ、 ゴメン……
やっぱり変だね、全然どうでも良いことだから気にしないで……うん……」
「ん、何処?」
井本はどう思ったのか、くすくす笑いながら聞いてくる。
「………あれ、あの右のほうの…」
「あー…あれか」
「なんかパステル画っぽくて、見てると和まない?」
「あー…うん…かもな……」
「あ!もしかして……今イタチだから見えないんじゃないの?」
井本の反応があまりに鈍いので、僕はちょっと不安になる。
「いや、見えてるよ。どうなってんのか解んねぇけど、ちゃんと見えてる。
じゃなくってさ、俺……雲とか、星とかって、言われればキレイだなって思うけど、自分1人だったら、全然気にも留めないんだよね。
だから田中みたいな奴って、面白くってさ。普段どんなこと考えてるのかなって、凄く興味ある。
前に廊下に貼られてた読書感想の水彩画だって、ホント凄かった!
誰もあんなの思いつかねーって、他の奴とも言ってたんだ。田中は感性が、ネ申なんだよな」
「そんなことないよ…」
「いや、あるって。お前はぜんぶが個性的なんだよ。」
個性的…?
「人と比べる必要もないと思う。お前、結構人に合わせようとして、ひとりで疲れてることない?」
「うっ…ある…」
「そんで人と比べて勝手に落ち込んでるだろ。あれ、全っ然意味ねーから。
人に合わせた方がいいキャラの奴もいるけど、お前の場合は合わせる必要ねーよ。
てゆーか、お前元々思いやりがある方だから、それ以上気を使っちゃうと、自分も周りも疲れる。
だからさ、何てゆーかな…クラスのマスコットかアイドルだと思って、ニコニコしてれば良いんだよ。
お前の凄さはもうみんなも認めてるんだしさ。
で、お前を虐めてるごく少数の奴らな、あれは妬みだよ。あいつら地味なくせに目立ちたがってるから。
あんなのは何処にでもいるんだから、放っておけばいいって。
もっとみんなと打ち解ければ、これからは俺だけじゃなくてみんなが味方なんだから」
「でも…」
「何?………はーん…恥ずかしいんだな、お前……照れてるだろ…」
「………」
そう僕、さっきから平常心を心懸けようとしているのに、にまにましちゃう。
ほっとした。
井本には悪いけど、今日っていう日に感謝したい。
「さてと、じゃあ帰るか」
「帰るって、何処に」
「そーだな、今夜は取り敢えず田中の家にでも世話になるかな」





にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ





スポンサーサイト


文化祭 | 21:16:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。