■告知板
■プロフィール

shio

私の名はshio
社会人、
ペット:チワワ、スコティッシュ
趣味:事典集め
×お酒 ×タバコ ○甘い物
料理は下手の横好きです。

■ランキング参加中

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ


クリックしてくださって、
本当にありがとうございます。
心の支えになっております。

■リンク
■最近の記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■RSSフィード
■ブログ内検索

■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■QRコード

QRコード

■(U・x・U)友達~♪
■(U・x・U)めーる

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

■フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お山のむこう 第一話
正太は数えの9つ、千里はこの秋で6つ
父さんは働きに行ったまま帰ってこなくなり
残った母さんが女手一つで正太たちを育てていた。

その母さんが、夕方から具合が悪くなった。
夜、正太と千里を布団に寝かしつけ
子守歌を歌っている途中で、
「正太…悪いんだけど、千里頼むね…」
そう言ったきり、その場で眠ってしまった。

どうしたんだろう、こんな所で居眠りするなんて
母さんらしくない。
正太は揺すった。
「母さん、母さんっ…こんな所で寝たら風邪ひくよ」
それでも母さんは起きなかった。

正太は思い出した。
村のおばちゃんが言っていた。
「ヨネさんとこの…昨日急に亡くなったんだってね。
 頭が痛いってその場に倒れ込んだと思ったら
 物凄いイビキをかいたってねぇ…」
母さんもイビキをかいている。
誰か大人を呼びに行かなきゃ。




にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ






スポンサーサイト


お山のむこう(全8話) | 21:15:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。